お顔の大きさは骨格だけではないんですよ。
骨を削るなんて必要なくて、お肉の厚みが問題になっている場合が大多数なんです。
皮下脂肪を減らす、皮膚の緩みたるみによる膨張した印象を改善することで引き締まった小顔になることが可能です。
手術的な方法でなく、皮下脂肪の治療、緩みたるみの治療、筋肉の大きさ張りを減少させる治療により改善いたします。

鏡を見て「最近、顔がぼんやり」「同じメイクなのに老けた?」なんてお悩みを感じた方。これらのお顔の悩みは「むくみ」が原因かもしれません。顔のむくみは二重顎やほうれい線、目元のくすみやクマなどを引き起こし、顔全体を暗く重たい雰囲気にしてしまいます。

むくみの原因

むくみを引き起こしやすい要因には以下があげられています。
・塩分、アルコールの摂りすぎ
・汗をかかない
・体の冷え
塩分の摂りすぎで喉が渇き水を多く飲むと皮下組織に余分な水分が溜まり、むくみとなります。また血中アルコール濃度が高くなると血管が拡張し、水分が漏れ出して体内に溜まってしまいます。 水分の摂り過ぎには注意し、運動で汗をかいて余分な水分をためないようにするなど、適度な水分バランスを保つよう心がけましょう。

整った輪郭・小顔のポイント

整った輪郭・小顔のポイント

スッキリした小顔とは、単に骨格が小さく瘦せていればよいわけではありません。痩せ過ぎで頬がこけていると老け顔となってしまいます。エラのハリや顎のたるみがなく、首にかけてのラインがすっきりしていると輪郭が整っていて小顔だという印象を与えます。おでこやこめかみ、頬はふっくらで、顎にかけてスッキリしているのが理想です。