小さいバストへのコンプレックスを解消するひとつの方法として、豊胸があります。
豊胸のための施術にはいくつか選択肢がありますが、豊胸後の旨の形の問題などで後悔している方もいます。

今豊胸をするかどうか迷っている方は、まず豊胸にはどのような施術が有効なのか、またその特徴を知っておきましょう。

後悔しないために知っておきたい豊胸に関する施術別の特徴

■人工乳腺を挿入する
生理食塩水などが入った人口乳腺バッグを切開手術で入れる方法です。一般的な豊胸手術のイメージはこれではないでしょうか。
効果が続くというメリットがありますが、身体にメスが入るというデメリットがあります。

■ヒアルロン酸を注入する方法
ヒアルロン酸を注入して、バストをボリュームアップさせる施術です。メスを使わないため身体に傷跡がのこらず、痛みもあまり感じずに済みます。注入したヒアルロン酸は徐々に身体に吸収されるため、数年で元のサイズに戻ります。

■自分の脂肪を注入する方法
自分のお腹などの脂肪を胸に注入する方法です。他の施術に比べて手術費用が高額ですが、自分の脂肪を注入するため異物反応がない点がメリットです。

後悔のないように、どのような豊胸方法を選ぶ場合もクリニックにしっかり相談をして不安を解決してから施術を受けましょう。