「このシミをなくしたい…」
そのお悩みに、確かな技術をもって
お応えします

シミ治療に
Qスイッチヤグレーザー

Qスイッチヤグレーザーは1064nmと532nmの2つの波長を搭載し、しみやあざなど症状に応じて使い分けることにより、幅広い適応に対応します。
1064nmは、メラニン色素に穏やかに吸収され、高い深達度が得られます。532nmは、メラニン色素への吸収が非常に高く、浅いターゲットに対して効率よく作用します。

施術例

Qスイッチヤグレーザーの特長

  • 治療の際に出血したり傷跡が残ったりする心配がありません。
  • レーザー光線はX線と異なり、赤外線・可視光線領域の波長の光なので安全です。
  • レーザー照射時の痛みは、輪ゴムをはじいた程度の痛みです。塗り薬による麻酔もありますのでご安心ください。
  • シミ、そばかすの症状の大きさや色の濃さに応じてパワーを調節することができます。適切な治療により、お肌に負担をかけません。
  • 最新技術により、均一な照射が可能になりました。(下図(右図参照)
    重ねて照射する必要もないので、お肌に負担もかかりません。ムラなく正確に治療することができます。

Qスイッチヤグレーザーの適応

  • 老人性色素斑(老人性シミ)
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 肌のくすみ
  • 毛穴
  • 色調改善(レーザートーニング)

注意点

肝斑はシミの一種ですが、ヤグレーザーでのスポット治療には向いていません。かえって色が濃くなる場合もございます。
肝斑には、レーザートーニング治療がございます。肝斑でお悩みの方は、レーザートーニング(肝斑治療)をご覧ください。

ヤグレーザー治療の仕組み

ヤグレーザーは、メラニンの色素にのみ、ダイレクトに吸収されますので、正常な皮膚や血管にはほとんどダメージを与えません。
ヤグレーザーは、メラニン色素に吸収され、メラニンを破壊・分解します。
分解されたメラニンは、ターンオーバーによって排出されて施術後約4週間程度でシミが目立たなくなります。

注意事項

色素の深さや色調によって反応が十分でない場合や、反応してもメラニンの排出が見られないこともあります。

患者様の声はこちら

治療のリスク、副作用

施術時の痛みは少なく、シミのお悩みに効果を発揮するQスイッチヤグーレーザーですが、デメリットやリスクも理解して少しでも不安があれば、医師に相談しましょう。

1 痛み

パチンと軽くゴムをはじく程度の痛みがあります。照射する範囲が広い場合や、深在性の色素斑の場合は強く痛みを感じる可能性がありますので、痛みに弱い方はご相談ください。
治療部位によって、数日間赤みや内出血が出ることがあります。

2 やけどのリスクもゼロではない

熱を加えて治療を行うので、やけどのリスクはゼロではありません。

3 かゆみ

新しい皮膚が再生する際に、かゆみを生じることがあります。

4 術後の洗顔やメイクに注意が必要

術後10日ほどは、患部に触れないように洗顔し、メイクの際も患部を避ける必要があります。

5 しばらくは日ごろのケアも入念に

患部には直接日光が当たらないように、日焼け止めクリームなどで保護しましょう。
また、乾燥しやすくなりますので、保湿ケアも必要です。

6 一時的にシミが濃くなる

かさぶたが取れ、新しい皮膚に生まれ変わった部分が、1か月ほど経つと再び色が濃くなります。これは二次性の色素沈着によるものです。この色素沈着は、時間をかけて徐々に薄くなっていきます。

料金について

PRICE

しみ
(Qスイッチヤグレーザー)
  • キャンペーン価格
    10,000円~
    (税込11,000円~)