顔の筋肉も手足と同じように、歳をとるとともに衰えて弱っていきます。
この筋肉の衰えによって生じるのがたるみです。
表皮の下にある真皮層には、肌の弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分を支える細胞が存在しますが、
その細胞も加齢とともに減少し、充分な水分を保持できなくなり、肌にもハリがなくなりたるんできます。