顔の筋肉も手足と同じように、歳をとるとともに衰えて弱っていきます。
この筋肉の衰えによって生じるのがたるみです。
表皮の下にある真皮層には、肌の弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分を支える細胞が存在しますが、
その細胞も加齢とともに減少し、充分な水分を保持できなくなり、肌にもハリがなくなりたるんできます。

肌が弾力やハリを失い、下に垂れ下がってくる「たるみ」。しみやしわのようにメイクで隠すのも難しく、老化を感じさせる主な要因となっています。

顔のたるみの原因

顔のたるみは、肌の表面を支えている真皮層の老化が最も大きな原因です。そして真皮層は顔の脂肪層も支えていますので、真皮層のハリが失われると目の周りや頬の皮膚が脂肪層を支えきれずたるんでほうれい線となったり、フェイスラインが下がってきて二重顎へとつながったりします。
また、顔の筋肉の衰えもたるみの原因となっています。顔には表情筋という多数の筋肉があって皮膚と接しています。表情筋が衰えると皮膚を支えきれず、たるみやしわができてしまいます。

原因別おすすめの施術

たるみの改善として、
・真皮層の衰えには、保湿効果のあるヒアルロン酸やコラーゲンの注入
・筋肉の衰えには、ハイフリフトアップやフェイスリフトなどの施術
・しわやほうれい線には、ヒアルロン酸注入やボトックス注射
等があげられます。また、直接たるみを切除する手術もありますので、専門クリニックでご相談ください。