こめかみにくぼみができる原因は、3つあります。
1つ目は、老化により肌細胞が減少して、肌自体が薄くなってしまい、こめかみ部分がくぼんでしまうということが考えられます。
2つ目は、頭蓋骨のこめかみのへこんだ部分には咀嚼するときに必要となる側頭筋があります。
加齢とともにこの側頭筋が衰え、こめかみ部分がくぼんでしまうということが考えられます。
3つ目は、頭蓋骨のこめかみのへこんだ部分には側頭筋とともに、脂肪も存在しています。
年齢を重ねるとともに脂肪が減少してしまい、こめかみ部分がくぼんでしまうということがあります。

この記事を書いた人

藤井 靖成

藤井 靖成

藤井クリニック 院長

総合内科内科専門医であると同時に消化器内視鏡専門医・指導医として従事。
胃がん大腸がんに対する内視鏡検査・手術を通して磨いた技術と豊富な経験を活かしながら、美容外科の技術も習得し約10000例の美容外科施術経験を積む。また、皮膚額をベースとするスキンケア医療に取り組む。
「楽しく生きる」をコンセプトに、自身が理想とする医療を追い求めるため、2007年5月「藤井クリニック」を開院。
開院以来、美容整形手術ではない、自然な綺麗さや若返りを目的としたメスを使わない美容医療を提供し、約15年間で70000例以上の実績を持つ。