マッサージピール(コラーゲンピール)とは

ABOUT

マッサージピール画像

マッサージピールとは、新しいピーリング治療のことで「コラーゲンピール」とも呼ばれている話題の治療法です。ピーリング剤が真皮の深層まで作用することによって線維芽細胞が活性化し、数ヵ月に渡って新しいコラーゲンの生成を促すと考えられています。コラーゲンの生成を促すことによって、気になる小じわやたるみ、毛穴、色素沈着などの改善や、肌のハリや弾力をもたらすことが期待できます。
さらに、マッサージピールには強力な美白作用を持つコウジ酸が配合されていることから、メラニンの生成と活性酸素を抑制します。シミの予防やくすみの改善などを目指している人、色素沈着を改善したいと考えている人などにおすすめの治療方法とされています。

こんな悩みを抱えている方におすすめ

  • 肌のハリを手に入れて小じわやたるみを改善したい
  • 毛穴やニキビ肌、ソバカスなどが気になっている
  • 肌がくすんできた
  • 肌のハリがだんだんとなくなってきた
  • ニキビ跡が消えずに悩んでいる
  • 肌のざらつきが気になっている
  • キメの整った肌を手に入れたい
  • 肌の色素沈着が気になっている

マッサージピールの仕組み

マッサージピールとは、新しいピーリング治療のことで「コラーゲンピール」とも呼ばれている話題の治療法です。ピーリング剤が真皮の深層まで作用することによって線維芽細胞が活性化し、数ヵ月に渡って新しいコラーゲンの生成を促すと考えられています。コラーゲンの生成を促すことによって、気になる小じわやたるみ、毛穴、色素沈着などの改善や、肌のハリや弾力をもたらすことが期待できます。
さらに、マッサージピールには強力な美白作用を持つコウジ酸が配合されていることから、メラニンの生成と活性酸素を抑制します。シミの予防やくすみの改善などを目指している人、色素沈着を改善したいと考えている人などにおすすめの治療方法とされています。

解説イラスト

マッサージピールの成分について

トリクロロ酢酸

真皮深層まで浸透して高いピーリング効果をもたらす物質です。従来使用されていたトリクロロ酢酸は、赤みや皮むけが生じていましたが、マッサージピールでは低濃度の過酸化水素を加えることによって皮膚表面に与えるダメージを軽減することができるようになっています。

低濃度過酸化水素

ピーリングの表皮剥離作用による赤みや皮むけといったダメージから肌を守るとともに、前述のトリクロロ酢酸と組み合わせることによって肌への浸透を促進します。そしてさらに、コラーゲンの生成をより促すといった効果も期待できます。

コウジ酸

高い美白効果を持つといわれている物質です。メラニンの生成に関わる「チロシナーゼ」と呼ばれる酵素の活性化を抑えることによってシミやくすみ、ニキビ跡などの改善を目指すことができるとされています。

マッサージピールの特徴

1.しわやたるみの改善

ピーリング剤を塗布すると、真皮層まで浸透し、繊維芽細胞を刺激します。それによってコラーゲンの生成を促します。これらの作用により、肌にハリや弾力がもたらされ、加齢や紫外線などによるしわやたるみの改善が期待できるのです。

2.色素沈着の改善

美白成分であるコウジ酸を配合することによって、メラニンの生成を抑制します。活性酸素の発生や糖化の抑制、炎症を抑えるといった働きを持つとされています。

3.ダウンタイムがほとんどない

マッサージピールは、治療直後は多少の赤みが発生するケースもありますが、速やかにおさまるのが一般的です。また、皮むけについても軽度でおさまることがほとんどです。

マッサージピールとの併用が効果的な治療について

マッサージピールは単体で治療を受けるほか、ダーマペンなどと組み合わせることもおすすめとされています。
ダーマペンとマッサージピールを組み合わせた治療をヴェルヴェットスキンと呼んでいますが、この治療はまずダーマペンで微小な穴を肌に空けます。その後マッサージピールを塗布することによって肌の奥まで薬剤を浸透させます。この組み合わせにより、しわやたるみ、色素沈着などの改善に加えて、毛穴の引き締めについても期待ができます。治療後には赤みが出ることもありますが、短期間でおさまるケースが多いです。
ダーマペンの他にも、IPL治療・フォトやレーザーフェイシャルとの併用もおすすめとされています。

リスク、副作用

マッサージピールを受けることにより、治療中にはほてりやピリピリと刺激を感じるケースがあります。また、治療後に赤みが出ることがありますが、1〜2日でおさまることがほとんどです。ただし、中には1週間程度赤みが続くケースもありますので、その場合にはクリニックに相談をしましょう。また、赤みが出ている期間はアルコール成分入りのスキンケアなどは使用できませんので注意が必要となります。
加えて、妊娠中や授乳中の方はマッサージピールの治療が受けられません。また皮膚炎がある方や敏感肌の方は治療ができない場合があるため、詳しくは当院にお問い合わせください。

治療の流れ

1.カウンセリング

2.洗顔(メイク落とし)

3.マッサージ(ピーリング材の塗布)

4. ふき取り、洗顔

5. イオン導入・エレクトロポレーション(ご希望により)

症例写真

case

  • 症例写真1
  • 症例写真2
  • 症例写真3
  • 症例写真4
  • 症例写真5
  • 症例写真6

料金について

PRICE

マッサージピール(PRX-T33)
(コラーゲンピーリング、ミラノピーリング)

ハリ、ツヤ、くすみ、美白、たるみ、 しわ、陥凹瘢痕の治療
(全顔または首)
1回 20,000円
(税込22,000円)
3回セット 18,000円
(税込 19,800円)×3回
6回セット 16,000円
(税込17,600円)×6回
ハリ、ツヤ、くすみ、美白、たるみ、しわ、陥凹瘢痕の治療
(デコルテ)
1回 20,000円
(税込22,000円)
ハリ、ツヤ、くすみ、美白、たるみ、しわ、陥凹瘢痕の治療
(二の腕または妊娠線)
1回 40,000円
(税込44,000円)

院長からのコメント

藤井院長

ピーリングというと「一皮剥いてお肌をキレイにする」というイメージですが、マッサージピールはフロスティング(=表皮剥離)を起こさずにお肌を蘇らせることのできる、全く新しい概念のピーリングです。
従来のケミカルピーリング同様、ニキビやニキビ跡に効果があるのは言うまでもありませんが、その強力なコラーゲン生成作用により、小じわやたるみなどにも効力を発揮します。 さらに、コウジ酸が配合されているため美白作用まであるという大変魅了的な治療です。ダウンタイムもなく、非常にお受けいただきやすいですので、みなさんぜひ当院にお任せください。
なお、ダーマペン4とマッサージピールの薬剤を組み合わせた施術は「ヴェルヴェットスキン」と呼ばれ、有効成分をさらに奥深くにまで浸透させることが可能な最強の美肌再生治療となっております。まさにヴェルヴェットのように、滑らかで上質なお肌を目指して、ワンランク上の肌質改善効果を求める方はぜひお受け下さい。

院長

藤井 靖成

Q&A

  • Q

    他のピーリングとどう違うのですか?

    A

    ケミカルピーリングは表面を剥離しますが、マッサージピールは表皮に刺激を与えずに真皮層を活性化し、コラーゲン生成を促すまったく新しい概念のピーリングです。 “マッサージ”しながら有効成分をしっかりとお肌に入れ込むので、マッサージピールと呼ばれます。

  • Q

    どのような効果がありますか?

    A

    強力なコラーゲン生成効果により、ニキビ跡や毛穴、小じわ、軽度のたるみに効果があります。コウジ酸が配合されているため、くすみ解消や美白効果もあります

  • Q

    治療中の痛みはありますか?

    A

    個人差はありますが、ピリピリ感や熱感などの軽い刺激を感じることがあります。痛みはほとんどありません。

  • Q

    ダウンタイムはありますか?

    A

    表皮に刺激を与えないので、赤みや皮むけなどが起こりにいです。

  • Q

    化粧や洗顔は直後からできますか?

    A

    施術直後から洗顔やメイクが可能です。

  • Q

    どのくらいの頻度で、何回受ければ良いでしょうか?

    A

    2週間に1度を目安に、6回程度お受けいただくことをお勧めします。

  • Q

    治療を受けられない人はどのような人でしょうか?

    A

    トリクロロ酢酸やコウジ酸にアレルギーのある方は治療をお受けいただけません。その他、詳しくは当院にお問い合わせください。