シミ・そばかすの原因は数々ありますが、一番の原因はなんといっても紫外線です。
「シミ・そばかすとはメラニンの集まったものである」というのはよく知られていますが、
実はメラニンそのものは悪いものではありません。紫外線から細胞を保護するために欠かせないものなのです。
メラニンは通常、紫外線からお肌を守った後、ターンオーバーによって排出されます。
ですが、加齢とともにターンオーバーは延長してきますし、更年期障害や卵巣機能の低下、
ストレスや新陳代謝の低下によってターンオーバーが崩れると排出されなくなり、お肌の表面に沈着してシミ・そばかすとなって残ります。
そしてシミ・そばかすがずっと残ってしまうということはお肌のターンオーバーが崩れている証拠なのです。

美肌の大敵「紫外線」。日焼けをしてしまうと肌が焼けてしまうこと以上に心配なのが「しみ・そばかす」です。

しみ・そばかす・ほくろの原因

「しみ・そばかす」はよくセットで耳にする言葉ですが、どちらも皮膚内に蓄積したメラニン色素です。メラニン色素は量が多いほど色が濃くなり肌の表面に浮き出てきますが、通常は肌の周期が過ぎると排出されます(ターンオーバー)。代謝の低下などによりターンオーバーのサイクルが乱れると、メラニン色素が肌に沈着してしまい「しみ・そばかす」となります。「そばかす」が体質によりできるものであるのに対し、「しみ」は紫外線の影響やストレスなどが要因となり後天的に発生します。また、「ほくろ」は母斑細胞(ぼはんさいぼう) という細胞の集まりで、先天的なものに加え紫外線の影響などで後から出てくるものもあります。

原因別おすすめの施術

「しみ・そばかす」については、お肌のターンオーバーを促すレーザー治療や、メラニンを減らす効果のあるビタミンC注射などで改善が期待できます。
一方で、「ほくろ」についてはレーザーで除去する治療が必要になります。