ケミカルピーリング

CHEMICAL
PEELING

ケミカルピーリングのイメージ

毛穴のお悩みにも

  • 毛穴の黒ずみ
  • ニキビ
  • 毛穴の開き
  • ニキビ跡が消えない

お肌のお悩みにも

  • 肌がガサガサ
  • シミやくすみ
  • べたつくオイリー肌
  • 混合肌
  • ハリがない
  • 敏感肌

ケミカルピーリングとは

古い角質を取り除き、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常にすることで、美しい肌に改善していく治療です。
当院のケミカルピーリングは「ソフトピーリング」というもので、定期的に古く厚くなった角質にAHA(別名フルーツ酸)という酸を塗って溶かし、取り除くものです。ソフトピーリングは日本人の肌にとても適した方法とされ、肌質にあわせてグリコール酸と乳酸を使用しております。

ケミカルピーリングとはの図1

1. 肌に古い角質が残り、毛穴がつまって皮脂がたまった状態。
ニキビも出来やすくなります。

ケミカルピーリングとはの図2

2. ピーリング材を塗布します。古い角質を溶かし、角栓も取り除きます。
たまった皮脂も取り除かれます。

ケミカルピーリングとはの図3

3. 肌のターンオーバーが正常になった状態。肌のトーンが明るくなり、つるつるになります。
ニキビ改善にも。

ケミカルピーリングが効果的な方

  • 炎症跡のシミが気になる方の図

    • 炎症跡のシミが気になる方
  • 肌荒れ・敏感肌が気になる方の図

    • 肌荒れ・敏感肌が気になる方
  • ニキビ跡が気になる方の図

    • ニキビ跡が気になる方
  • くすみ・毛穴の開き・汚れが気になる方の図

    • くすみ・毛穴の開き・
      汚れが気になる方
  • しみが気になる方の図

    • しみが気になる方
  • そばかすが気になる方の図

    • そばかすが気になる方

グリコール酸の効果

  • 蓄積された古い角質を溶かし、表皮の活性化を促し、新しい皮膚をつくる働きを促す
  • メラニンの生成を抑制し、シミ、くすみ、毛穴の黒ずみを改善する
  • 保湿効果
  • コラーゲンを生成し、肌にはりや弾力を与える
  • ニキビ、ニキビ跡の凹みを改善する
  • 色素に効果があり、シミ(肝斑)、ニキビ跡の色素沈着を改善する

乳酸の効果

  • 蓄積された古い角質を溶かし、表皮の活性化を促し、新しい皮膚をつくる働きを促す
  • メラニンの生成を抑制し、シミ、くすみ、毛穴の黒ずみを改善する
  • 保湿効果
  • グリコール酸に比べ皮膚の浅いところに作用し、セラミドを生成し、肌のバリア機能を高める色素に効果があり、シミ(肝斑)、ニキビ跡の色素沈着を改善する

ケミカルピーリングの施術可能箇所

ケミカルピーリングの施術可能箇所の図

患者様の声はこちら

治療のリスク、副作用

ケミカルピーリングは肌への負担が少なくダウンタイムもほとんどない施術ですが、いくつかのデメリットやリスクがあります。以下の点を十分に理解してから施術を受けましょう。

1 かゆみや、ひりつきが出る場合がある

施術中に、かゆみやピリピリとした痛み、ひりつき感が出る場合があります。ただしこれらは、施術後にはおさまることがほとんどです。

2 ニキビが増えたと感じる場合がある

施術後に、ニキビが増えたと感じる場合があります。これは肌の内部にもともとあったニキビが、ピーリングにより肌表面に出てきたことで増えたように感じるからです。そのため、ケミカルピーリングによってできたものではありません。

3 シミが目立つ場合がある

施術後、シミが目立つ場合があります。これはシミ自体が濃くなったのではなく、顔全体のトーンが明るくなったことでシミとの境界線が目立ってしまうことが原因です。

4 敏感肌の方には適さない

もともと敏感肌の方やピーリングが初めての方、生理前などで肌がデリケートな状態の方は、施術後に赤みや刺激感が数日続くことがあります。数日たってもおさまらない場合は、クリニックに相談しましょう。

5 術後は紫外線の影響を受けやすい

角質層が剥がれることで施術後は肌が乾燥し、紫外線の影響を受けやすくなります。しっかりと保湿と紫外線対策をしましょう。

6 1回では効果が出にくい

効果には個人差があり、1回の施術ではあまり効果を感じられない場合もあります。あせらず継続することが大切です。