ニキビや乾燥、赤みなど肌あれのお悩みは色々あり、それらを引き起こす原因もさまざまです。きれいな肌を保つために、肌あれの原因を知っておきましょう。

肌あれの原因

肌あれの代表的な原因としては、紫外線の影響やホルモンバランスの乱れ、寝不足、ストレスなどがあげられます。

■紫外線
紫外線を浴びるとシミの原因になるだけでなく、角質層で肌を守る役割をしている皮脂を酸化させて、バリア機能を低下させてしまいます。
バリア機能が低下すると水分を保てず乾燥がすすみ、外からの刺激にも弱くなって肌あれを引き起こします。

■ホルモンバランスの乱れ
ストレスなどによりホルモンバランスが崩れると、皮脂の分泌が多くなって吹き出物を引き起こしたり、逆に皮脂が少なくなって乾燥させたりと、肌にも大きな影響を与えます。
寝不足
寝ている間に分泌される成長ホルモンによって、起きている間に受けた肌ダメージを修復されます。
寝不足になると、成長ホルモンが不足するため新陳代謝が低下し、メラニン色素の沈着や肌のくすみなどを引き起こします。

原因別おすすめの施術

原因別おすすめの施術

■紫外線
紫外線によってできたシミやそばかすをなくしたいのに、化粧品では効果が実感できないという方は、クリニックでのメディカルスキンケアをご検討ください。イオン導入やビタミンC注射などがおすすめです。

■ホルモンバランスの乱れ/寝不足
ホルモンバランスの乱れにお悩みの方には、プラセンタ注射をおすすめします。ターンオーバーの正常化やコラーゲンの成長促進にも役立ちます。
寝不足による肌荒れにお悩みの方もぜひご相談ください。