顔の中でも印象を左右する大切な部分である「目元」。昨今ではマスクの着用により、いっそう目元の美しさが顔の印象を決めるようになりました。「目が小さくなってきた?」「目の周りをスッキリさせたい」などのお悩みを解消し、より理想的な目元を目指しましょう。

キレイな目元を実現するためのポイント

成人の眼球の大きさは直径25mm程度で、個人差はほとんどありません。パッチリ大きな目と言っても違いは「まぶた」であり、目の周辺の皮膚が決め手です。一般的にキレイな目元とは、
・目尻や目の周りの小じわやたるみがなく、ハリがあってスッキリしている
・目の下のクマや周辺のくすみがなく目元が明るい
・眉間のしわや目の上の腫れがない
等が理想とされています。これに加え、「一重か二重か」や「まつ毛の長さ」などでも印象は変わってきます。目元の印象を変える施術としては、目頭切開という手術でまぶたの切込自体を開き、パッチリ大きな目にする方法や、上眼瞼除皺術という目の上のたるんできた皮膚を切除する方法などがあります。