「両ほほに、シミが広がってきた」
「生理前になるとシミが
濃くなる気がする」

…そのお肌の症状、もしかしたら肝斑かもしれません。

肝斑(かんぱん)とは?

肝斑とは?

肝斑(かんぱん)イメージイラスト

一般的に、30~40代のアジア人の女性に多く見られるシミの一種で、両頬に同じようにできるのが特徴です。
原因ははっきりとしていませんが、女性ホルモンのバランスが関係していると言われています。肝斑はほかのシミと混在している場合が多く、見分けるのが難しいので、ただのシミだと思い込んでしまうこともあります。

肝斑の治療には、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服や外用、イオン導入などを長期にわたって継続する必要があり、難治性の肝斑の場合にはそれでも色素が残ってしまうことがありました。
この治りにくい肝斑に、画期的な最新治療法が誕生しました。
すばやく効果が期待でき、しかも気軽に受けられる「レーザートーニング」です。