ホーム > 消化器科・内科 > 主なおなかの病気

トピックス

JR「大阪駅」から徒歩2分!アクセス詳細ページへ

クリニックについて

〒530-0001
大阪市北区梅田2-1-22
野村不動産西梅田ビル8F
TEL:0120-482-212
24時間予約可能です。
夜間でも休診日でもお気軽にお電話ください。
※医療関係者の方は、その旨お伝え下さい。 診療時間:10:00~19:00
詳しい診療内容別時間はこちら
休診日:水曜日、日曜日

祝日も診療しています。
本日中でも内容によっては、ご予約可能ですので、お電話してみてください!

携帯サイト

お手持ちの携帯電話でも、藤井クリニックの情報をご覧いただけます。

もっと自分の身体と健康を知っていただくために

主なおなかの病気

下の図の、気になる病名をクリックすると、各病気の説明を見ることができます。

おなかの病気対象部位一覧 食道の病気 胃の病気十二指腸の病気 大腸の病気

食道の病気
食道がん

食道の説明イラスト食道はのどぼとけの下ののど(頸部:けいぶ)から胃に至るまでの細長い管状の臓器です。食道の壁は多層の粘膜で構成され、食道がんはこの一番内側の粘膜に発生します。日本人の食道がんの90%以上はこのタイプ(扁平上皮癌)で、60~70歳の男性に多く発病します。
食道がんの約8割が胸部食道に発生しています。
他には腺癌(せんがん)と呼ばれるタイプの食道がんがありますが、日本人には少なく(10%以下)、欧米人ではこのタイプが60~70%を占めています。生活の欧米化した日本でも今後増加する事も予測され注意が必要といわれています。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

食道炎

食道炎は食道の粘膜が炎症をおこし、肉眼的にびらんや潰瘍が見られるものをいいます。びらんとは粘膜表面が欠損をおこすもので、内視鏡で見ると、中心が白い苔のようになり、その周りの粘膜が赤くなっています。ときには、出血をおこすこともあります。一方、潰瘍は粘膜の欠損が下の層に進んで、陥没した状態です。最も多いのは逆流性食道炎です。ほかにカビの一種による食道カンジタ症、ウイルスによるヘルペス食道炎、サイトメガロウイルス食道炎などがあります。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

胃食道逆流症

胃酸を多く含む胃の内容物が食道内に逆流して起こる病態を、胃食道逆流症(GERD)といいます。逆流性食道炎のような症状があるにもかかわらず、内視鏡検査では、食道粘膜にびらんや潰瘍などの異常な病変が見られないものを含め、幅広く総称して胃食道逆流症(GERD)としています。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

pagetop

十二指腸の病気
十二指腸潰瘍

十二指腸の粘膜に潰瘍ができる病気です。胃に近い部分に多く見られます。十二指腸潰瘍は胃潰瘍とは異なる点が多く、十二指腸の壁は胃壁に比べて筋層が薄いので深く進行し、出血、穿孔(せんこう)を起こしやすい傾向があります。患者さんのヘリコバクター・ピロリ菌の感染率が非常に高く、97%以上の感染率ともいわれています。

十二指腸潰瘍はまわりの組織との境界がはっきりした潰瘍で、粘膜をこえて深く進行します。20~40歳に多く発症し、ストレスの多い今の時代、増加傾向にあります。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

pagetop

胃の病気
胃がん

胃がんは胃炎や萎縮(いしゅく)をおこしている胃の粘膜から発生すると考えられています。胃の粘膜に萎縮がおこると萎縮性胃炎の状態になり、「腸上皮化生(ちょうじょうひかせい)」が発生し、胃がんへと進展していく流れが明らかとなっています。この変化にヘリコバクター・ピロリという細菌が大きく関わっており、感染した状態が続くと、萎縮性胃炎や腸上皮化生をもたらすと考えられています。ヘリコバクター・ピロリ菌を除菌すると、萎縮や胃炎が改善し、胃潰瘍、十二指腸潰瘍のほか胃がんの発生も抑えられることもわかってきました。
胃がんは突然に胃全体に発生するわけではありません。胃がんの診断・治療を行ううえで、胃上部、胃中部、胃下部の3つの区分に、胃壁の断面を小彎、大彎、前壁、後壁と4つに区分しています。検診などの普及による早期発見、早期治療の効果により、死亡率は急激に減少しています。

胃の説明イラスト

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

胃ポリープ

胃ポリープとは、胃の粘膜上皮に局所的に隆起(りゅうき)した病変です。ポリープには最も多い過形成(かけいせい)性ポリープをはじめ、胃底腺ポリープ、特殊なポリープとして腺腫(せんしゅ)、家族性大腸腺腫症などがあります。

・過形成性ポリープは発生は30歳以上で年代と共に増加する傾向にあり、がん化することはまれです。大きさが増したりして進行していきます。普通、直径2~3センチどまりです。出血やびらんも多くみうけられます。

・胃底腺ポリープは胃底腺の粘膜に発生し、数個以上発生します。女性に多く、胃底腺の粘膜は萎縮(いしゅく)せず、状態が良好なことが特徴です。

・腺腫は高齢者で腸上皮化生をもつ、かなり萎縮した粘膜にみられます。男性に多く男女比は4:1です。高齢者の萎縮性粘膜にみられ、形はドーム型、平たいもの、花壇状など様々です。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

急性胃炎・急性胃粘膜病変

性胃炎は、様々な原因で、胃の粘膜に炎症をおこす病気で、急激に発症します。浮腫、出血、びらんがみられ、潰瘍を起こしていることもあります。びらんとは粘膜表面に欠損をおこすもので、出血を伴うこともあります。一方、潰瘍は粘膜の欠損が下の層に進んで、陥没した状態です。
みぞおちのあたりの急激な痛みなどがあり、検査の結果、胃の粘膜に異常が認められ、急性胃炎、急性潰瘍をともなうものを急性胃粘膜病変(AGML)といいます。
近年、内視鏡検査が普及し、粘膜の様子を詳しく観察できるようになりました。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

慢性胃炎

慢性胃炎は、胃の腺細胞(胃酸を分泌している腺)が、萎縮(いしゅく)をおこし修復されずに進行していく胃粘膜の病気です。萎縮とともに胃酸の分泌が減少します。ヘリコバクター・ピロリ菌の感染と慢性胃炎の関係が研究されており、一般に慢性胃炎というと、びらんのない胃炎を指し、この菌の感染によると考えられています。特殊型胃炎の発症は非常にまれです。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

胃潰瘍

潰瘍は胃の粘膜の下にある筋層まで傷つく状態です。胃潰瘍には、急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍があります。急性胃潰瘍は、浅い不整形の潰瘍やびらんが多発し、慢性胃潰瘍は、円形で単発する傾向があります。ほとんどは早期に治りますが、再発を繰り返すこともあります。40~50歳代に多く発症します。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

ヘリコバクター・ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃粘膜細胞と粘液中に生息しています。中高年に感染率が高く、特に胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎の患者さんの感染が多く、十二指腸潰瘍の患者さんではほとんどが感染者と言われています。この菌に感染した場合、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、さらには胃がんにも深くかかわっていると考えられています。高い感染率にもかかわらず、一部の人にしか発症しない理由も不明で、今後の解明が期待されます。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

pagetop

大腸の病気
大腸がん

大腸の説明イラスト大腸がんは食生活の欧米化した日本では増加傾向にあります。大腸がんには直腸がんと結腸がんがありますが、特に結腸がんが急速に増加しています。動物性の脂肪を摂ると、消化を助けるために胆汁酸が多く分泌されます。脂肪の消化の際に発生する物質のなかに発がん物質があり、大腸の粘膜にがんが発生すると考えられています。
大腸にできるポリープの1つで腺腫(せんしゅ)とよばれる良性の腫瘍が粘膜にできることがあります。大腸がんの多くはこのポリープが深く関係しているといわれています。粘膜から直接発生する平坦型や陥凹(かんおう)型のがんもありますが、発がんの経緯はわかっていません。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

大腸ポリープ

大腸粘膜に隆起(りゅうき)する組織を大腸ポリープといいます。ポリープは、直腸とS状結腸に高い確率で発生し、大きさは数ミリから3センチ程度まであります。最も多いのが腺腫で、次が過形成性ポリープです。この腺腫が問題で、大腸に100個以上の腺腫ができるのを大腸腺腫症といい、放置すれば100%大腸がんを発生します。腺腫のポリープは数年かけて進行し、その一部ががん化します。
小さなポリープはほとんど症状がありませんが、大きくなってくると、便潜血(べんせんけつ)や鮮血便(せんけつべん)の症状がでます。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

過敏性腸症候群

特に消化器の疾患がないにもかかわらず、腹痛や腹部膨満感を伴う便通異常をおこす慢性疾患です。これは腸管の運動が異常に亢進したり、刺激に対する反応が過敏になっているためと考えられています。心因性、自律神経失調が原因であることが多く、心因性としてはストレスや性格の影響が大きいといわれています。

詳細はこちら(オリンパス おなかの健康.comへ)

スマートフォン版を表示