『キレイですね』『若いですね』って、みなさん言われていますか?

 「もう歳なので、若くないので仕方ないのだけれど…」と、初めて診察に来られる患者さんのなかにはそう話される方が多くいらっしゃいます。
 あなたの人生はもうピークを過ぎてしまったのですか。これからの日々は惰性で過ごすつもりなのですか。平均寿命を85年だとすれば30歳の方は55年、40歳の方は45年、50歳の方は35年…これからのまだまだ長い人生を消極的に過ごすのですか。
 確かな話で言いますと、生きている限り歳はとります。でも、若さ・美しさの基準って、日本標準、世界標準があるのですか。
 いつまでも若々しくはつらつとしていたいと、積極的な気持ちで日々を過ごすその気持ちが、あなたに良い姿勢を保たせ、身だしなみを気にかけさせる。そしてメイクアップの研究をさせ、新しい洋服を探させるのです。
 キレイでいたい、魅力的でありたいと思うその気持ちをしっかりと持ち続けて欲しいと思います。犬や猫を始め動物達も可愛らしいし、美しいですが、やはり私も人間なので人という生命体の美しさに心を奪われます。
実年齢でなく、気持ちの年齢が若くあることが医学的にいえば免疫力を高めるし、細胞の新生・代謝が上がり、若々しい潤った体を保たせるのです。
 アンチエイジング・美容医療は、キレイでいたいと思う方が求める医療でありますが、それと同時に美容医療で若くキレイになった患者さんは、気持ちが積極的になり免疫力が上がり、細胞の代謝がアップするので、さらにキレイに若々しくなっていくのです。
 つまり積極的な人生の手伝いとして、お肌のアンチエイジング医療・美容医療があると考えています。
 活発で元気な生活を送れるように、内科学を通して内臓の若返り治療を行ってきたのと同じであります。
 人生を積極的に過ごすために、上手にスキンケアを受けてください。ご自身の女性としての美しさをもっと再認識出来るはずです。